東方網日本語版

上海から発信するニュース、情報を満喫

ホーム >> 寫真集 >> 中國監督が東野圭吾氏「容疑者Xの獻身」を映畫化、ファンから悲鳴

中國監督が東野圭吾氏「容疑者Xの獻身」を映畫化、ファンから悲鳴

2015.11.05 14:22 | 編集者:範易成

すべて

ストップ播放

シェア
1

1

6

  東方ネット5日、臺灣の俳優·監督のアレック·スー(蘇有朋)が、日本作家の東野圭吾氏の推理小説「容疑者Xの獻身」を映畫化することが4日に明らかにした。情報筋によると、中國映畫會社大手の光線影業と深セン中匯影視文化公司がこのほど制作を明らかに。東野圭吾氏の「容疑者Xの獻身」を映畫化し、今年公開された映畫「ひだりみみ」で監督デビューしたアレック·スーがメガホンを取ることになった。なお、公開予定は來年となっている。

  中國のネットでファンから悲鳴の聲が上がっている?!钙诖筏胜い郅Δいぁ埂冈鳏蚱茐菠工毪?!」「私の湯川先生を見逃してくれ!」などのコメントが寄せられるという。

444

欧美高清在线精品一区