ようこそ、中國上海!
在上海多國籍企業職場復帰ケース

Home >> 新著 >> 政治

國臺弁「日本の一部の人は歴史から學び、臺灣問題で言動を慎むように」

2022年 7月 30日11:49 提供:人民網日本語版

  中國國務院臺灣事務弁公室(國臺弁)の朱鳳蓮報道官は29日、日本の國會議員で元閣僚の石破茂氏らが27日に臺灣地區を訪問したことについてコメントを求められた際、「日本の一部の國會議員と政治屋が最近、臺灣地區に関する問題で、誤った行動を繰り返し、誤った言論をばらまいており、程度が深刻で、非常に危険だ。日本の一部の人々に対して、臺灣地區をめぐる問題は非常にセンシティブであることを十分認識し、世界に『一つの中國』しかなく、臺灣地區は中國の一部であるという事実をはっきり認識し、特に歴史から教訓をくみ取り、『一つの中國』の原則や中日間の4つの政治文書の精神を厳守し、臺灣地區をめぐる問題で、言動を慎むよう促す」と指摘した。新華社が伝えた。

  朱報道官はさらに、「民進黨當局に対して、情勢を見誤ってはならず、海外に頼って獨立を図ったり、外部の反中勢力の駒になったりすることは、失敗に終わるだけだと、厳正に告げる」と述べた。(編集KN)

  「人民網日本語版」2022年7月30日

欧美高清在线精品一区