ようこそ、中國上海!
在上海多國籍企業職場復帰ケース

Home >> 新著 >> 政治

釣魚島海域での中國の活動は完全に正當かつ合法、日本はあれこれ言うべきでない

2022年 7月 29日16:48 提供:人民網日本語版

  國防部(?。─?8日午後の定例記者會見で、呉謙報道官が釣魚島問題に関する質問に答えた。

  報道によると、中國海軍艦艇がこのほど釣魚島(日本名?尖閣諸島)周辺の接続水域を航行したことについて、日本の防衛大臣は、緊張を一方的に高める行為であるとして、深刻な憂慮と懸念を表明。防衛省として、平素からの警戒監視を続けていくとした。別の報道によると、日本の海上保安庁と海上自衛隊は最近、中國軍艦が釣魚島に接近する「グレーゾーン事態」に対処するため、東京?伊豆大島の東方海域で合同訓練を実施した。これについて、中國側としてコメントは。

  釣魚島及びその附屬島嶼は中國固有の領土であり、國家の主権を守る中國の意志は確固不動たるものだ。釣魚島海域における中國側艦艇の活動は完全に正當かつ合法なものであり、日本はあれこれ言うべきではない。我々は日本側に対して、全ての挑発行動を止め、対話と協議を通じて溝を管理?コントロールし、海上での不測の事態の誘発を避けるよう要求する。(編集NA)

  「人民網日本語版」2022年7月29日

欧美高清在线精品一区